第七番札所 比曽寺跡 世尊寺

奈良県吉野郡大淀町比曽 762
http://www.town.oyodo.lg.jp/

世尊寺境内には、比曽寺の塔跡の礎石が残されているほか、平成17年の調査で、鎌倉時代から南北朝時代にかけての寺院の東端部分や、西大寺とのかかわりを示す瓦などがみつかりました。世尊寺 linkHOMEPAGE

036tatibanadera


第八番札所 佛頭山 上宮皇院 橘寺

奈良県高市郡明日香村橘 532
(2003.6)

山門の正面遠くに本堂が在り御本尊は聖徳太子を祀り太子殿とも云う 寺院で一番大きな御堂で在る 奥深い須彌壇の中央に頭に飾りを付け菩薩にも見える太子像を安置し左堂には不動明王右堂には大黒天を祀る 納経印 他の寫真 橘寺 地圖

036jiyourinji


第九番札所 立部山 定林寺

奈良県高市郡明日香村立部 468
(2003.6)

参道は民家の間を長く続き入口には聖徳太子佛法弘布霊地と石碑を建てる 今は無住と成るが本堂が建ち特徴在る棟瓦が遠くから見えて存在が解る 境内裏は廣く往時の定林寺の遺構が残ると云う 地圖

前のP聖徳太子札所 所在地次のP